話題のファクタリングとは何か?

「ファクタリング」という言葉を最近耳にするようになりました。しかし多くの方が耳慣れないと思います。僕も聞いたことない言葉でした。しかしあちこちでこの「ファクタリング」なる言葉を聞くようになったので、勉強の必要性を感じてきました。というわけで、巷で話題のファクタリングについて調べたことをこのサイトでは書き綴っていこうと思います。僕と同じくファクタリングについて調べてる人にとって参考になれば幸いです。

「売掛金」についてまずは知ろう

一般的な商店などでは、商品を購入する際に、その場で現金を支払います。コンビニでの支払いを思い浮かべてください。ジュースを買うときは代金をレジで支払いますよね。そこで完了します。しかし、企業における取引では必ずしもその場で現金決済することは少ないのです。

企業Aが商品を企業Bに販売します。企業Aはすぐに商品を発送しますが、両社間の取り決めで「企業Bが企業Aへ代金を支払うのは翌月の末」などとしているケースがあります。企業Aとしては商品を先に提供していながら、その代金の入金は翌月末まで待たないといけません。

この場合、会計上ではその代金の金額は「売掛金」という項目に記入されます。もし現金ですぐに支払われたら「現金」という項目に加算されますが、上記の場合は企業Aの手元には現金はまだ無く、「翌月末に払うよー」という取り決めしかありません。既に販売したんだけど、その代金はまだ貰ってないというのが「売掛金」です。

キャッシュフローの悪い企業にとって「売掛金」が増えても困る

「売掛金」は支払われる予定のお金であり、勘定項目上の数字が増えるだけで、銀行口座にはまだ振込まれていません。通常の会社ですと、ある程度の現預金を保有してますし、その売掛金は翌月末などに入金されるので問題無いのですが、現預金の少ない会社、要はキャッシュフローの悪い会社にとって、現金が振込まれていない状況というのは困るわけです。

例えば、キャッシュフローの悪いC社というのがあったとしましょう。C社は現在現預金が100万円しかないとします。事業としてはそれなりに上手くいき始めていて、売掛金は150万円あります。その売掛金は翌月末に支払われることになっています。

しかしC社は社員への給与や、家賃の支払いなど、今月末に120万円の支払いがあるのです。今月末の段階では現預金は100万円しかないので、20万円足りません。キャッシュアウトをおこしてしまい、場合によっては倒産してしまいます。これが「黒字倒産」です。

ここまで状況が悪くなかったとしても、現預金はある程度余裕を持っておきたいので、社長としてはなんとかしたい。持ってる切り札は「売掛金」。この売掛金を早期に現金化する手段として「ファクタリング」というサービスがあるのです。ようやく「ファクタリング」というキーワードが出てきましたね。このまま出てこないんじゃないかと思った方、ご安心ください(笑)。

売掛金を早期に現金化する「ファクタリング」の基礎知識

そういうわけで、企業が保有する売掛金を早期に現金化するサービスがファクタリングで、そのファクタリングのサービスを行うのがファクタリング業者と呼ばれる会社になります。

ファクタリングは売掛金を現金化するサービスですので、根本的な構造はわかりやすいというか、複雑なことではないのですが、そのスキームはいくつかあったりして、ちょっとわかりにくいものもあります。

また出てくる用語も馴染みのないものも多いので、ファクタリングの仕組みや用語について軽く学んでいきましょう。

ファクタリング業者を知ろう

全国のファクタリング業者をリストアップし、それぞれの会社概要や代表者、会社についての情報を調べて紹介していきます。

ファクタリング業務を行う業者というのは全国にたくさんあります。全国対応している業者もありますが、地方限定で業務を行っている業者もあります。また、業者によっては「怪しいかも?」と感じるとこもあるとかないとか。電話する前にまずはチェックしよう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする